奥会津ただみの森-キャンプ場 | 最後のサムライ-河井継之助 | 十割そばの店-歳時記会館 | 大自然の中の小さなスキー場-只見スキー場

運営会社について
お問い合わせ

河井継之助記念館

施設・交通のご案内

開館時間: 10時~16時まで

入館料:大人350円・小人200円
休館日:毎週木曜日、荒天日
(臨時休館日あり TEL0241-82-2870) ★ 休館日が祝祭日にあたる場合は開館します。
                      ※ 冬期休館日:令和3年11月23日(祝)まで開館し、11月24日(水)より冬期休館となります。 
 

只見町河井継之助記念館キャラクター つぐたん

イベント

【お知らせ】10月16日(土)~11月23日(火・祝)「幕末の風雲児 河井継之助ぐるっと巡ろうキャンペーン!」を開催します。


2021年10月16日(土)~11月23日(火・祝)
「幕末の風雲児 河井継之助ぐるっと巡ろうキャンペーン!」

みなさんは、江戸時代末期に起こった戊辰戦争を回避しようと尽力した河井継之助(長岡藩家老)という人物をご存じでしょうか。日本の未来のため戦争を回避しようとした継之助ゆかりの地と、南会津地域に残る戊辰戦争史跡を紹介しながらスタンプを集める「幕末の風雲児 河井継之助ぐるっと巡ろうキャンペーン!」を10月16日(土)~11月23日(火・祝)の期間で実施します。

スタンプを集めた方には、オリジナル手ぬぐいやグッズ詰め合わせセットをプレゼント。

戦火に身を投じながらも日本の未来のため戦った人物と歴史に思いを馳せながら、南会津を巡ってみませんか。

(詳細は下記を御覧ください。)

(※)河井継之助とは
河井継之助は、越後長岡藩の家老です。江戸時代末期に起こった戊辰戦争において日本が西軍(明治新政府軍)と東軍(旧幕府軍)に二分した戦いの中、河井継之助はこの戦争を回避しようと奔走しましたが、平和への願いもむなしく、長岡藩は戦火にのみこまれました。長岡藩は数倍にもなる西軍を相手に善戦しますが、慶応4年7月25日、東軍の中心であった継之助が銃弾を左膝に受け、次第に戦線は後退していきます。負傷した継之助とその一行は会津藩とともに再起を図ろうと、越後と会津の国境にある険隘な八十里越峠を越え、会津領である只見の地にたどり着きましたが、継之助は数日間の滞在のち、8月16日に塩沢の地で亡くなりました。毎年の命日には、只見町の医王寺にあるお墓で地元の人たちがその遺徳をしのび墓前祭が開かれます。

■開催日時
令和3年10月16日(土)~11月23日(火・祝)

■実施場所
南会津郡内(南会津町、下郷町、檜枝岐村、只見町)       

■参加費:無料

■対象施設
全14箇所 ※チラシ中面のMAP(PDF4.26MB)をご覧ください。

■問い合わせ先
福島県南会津地方振興局 企画商工部 地域づくり・商工労政課
電話番号:0241-62-5205
※平日9時から17時まで(12時から13時を除く)
FAX:0241-62-5209


<只見町河井継之助記念館 企画展開催のお知らせ>
企画展:「 国境・八十里越を守ったサムライたち 」(令和3年7月2日~令和3年11月7日まで)


★ 7月1日に公開が予定されていた映画「峠 最後のサムライ」は、新型コロナウイルス感染症の影響により再延期となりました。


『山田方谷を大河ドラマに!』を応援します。

施設のご案内

入館料金 [大人] 350円(300円)
[小・中学生] 200円(150円)
(  )内、団体割引後料金
団体割引20名様以上
開館期間 4月下旬から11月まで
(冬季閉館 11月中旬 ~ 4月下旬まで)
休館日 毎週木曜日、荒天日
開館時間 10時~16時
(最終入館:16時まで)
  • 河井継之助の生涯

    1 河井継之助の生涯

    幕末の英雄河井継之助は幼少より学問を好み、江戸や西国への遊学を通じて様々な師に出会い、黒船来航に揺れ動く全国の情勢について知見を広めました。

  • 長岡の戊辰戦争

    2 長岡の戊辰戦争

    戊辰戦争に当たっては武装中立を主張した継之助でしたが、交渉は決裂、長岡の人びとを守るため、当時日本に3門しかなかったガトリング砲で応戦しました。

  • 『峠』の世界

    3 『峠』の世界

    歴史作家司馬遼太郎は、小説『峠』で継之助の激動の生涯を描きました。ここでは、継之助か只見で過ごした最期の12日間を紹介しています。

  • 司馬遼太郎の書

    4 司馬遼太郎の書

    小説『峠』の連載後、司馬遼太郎は継之助終えんの地である只見を訪れ、[山水相應蒼龍窟]、「壺中天」の2つの揮毫を残しました。

  • 八十里越

    5 八十里越

    継之助か越えた八十里は、古来より会津と越後を結ぶ交通の要衝でした。現在は一部が登山道として残っていますが、大部分は深いブナ原生林の下に眠っています。

  • 継之助と周囲の人びと

    継之助と周囲の人びと

    継之助の写真、手紙のほか、継之助とともに当時を生きた人びとの書、手紙等を展示しています。

  • 只見の戊辰戦争

    只見の戊辰戦争

    会津藩領であった只見も戊辰戦争に巻き込まれ、郷兵隊を組織して西軍と戦う一方、長岡から落ちのびてきた継之助一行を温かく迎え入れ、必死の看護を行いました。

  • 河井継之助終えんの間

    河井継之助終えんの間

    只見の人びとの尽力も空しく、継之助はここ只見町塩沢で息を引き取りました。この終えんの家は、継之助か亡くなった村医矢沢宗益の家を移築したものです。

施設マップ

交通のご案内

詳細マップ

〒968-0411
福島県南会津郡只見町塩沢字上の台850-5
『河井継之助記念館』
TEL:0241-82-2870

オリジナルグッズのご紹介

入館券と継之助オリジナル商品3点をセットにしたお得な商品です。

継之助 Tシャツ

ネイビー
継之助シルエットマーク
サイズ
S、M、L、XL
価格
2,400円 (1着)

★ 柄または、サイズにより完売したものがございます。詳しくは、お問合せ下さい。

継之助 手ぬぐい

価格
550円

継之助 巾着

価格
不織布(画像左) 320円 / コットン(画像右) 500円

継之助 缶バッジ

絵柄
シルエット・家紋
価格
200円 (1個)

継之助 クリアファイル

価格
230円 (各種)
奥会津ただみの森 キャンプ場
福島県南会津郡只見町大字只見字向山2832
電話番号/0241-82-2432
只見町河井継之助記念館
福島県南会津郡只見町塩沢上ノ台850-5
電話番号/0241-82-2870
只見町歳時記会館
福島県南会津郡只見町大字只見字後山2476-96
電話番号/0241-82-2221
只見スキー場
福島県南会津郡只見町大字只見字田ノ口24
電話番号/0241-82-2304